台北昭和町

歴史の縁に導かれた町

時空と民族を越え

人、家屋そして土地に続く​大切な記憶

 近年、台湾では20世紀前半の建築物が修復・活用され、日台双方より注目を集めていますが、その大半は官庁や公共建築であり民家は多くありません。明治時代半ばからの50年の間に、台湾には30数万人もの日本人が暮らし、終戦時、数万軒以上の民家を残し引き揚げました。戦後70年を越えた現在、急激な社会変化と開発の流れに伴い、家屋は町から次々と姿を消しています。


 そんな中、大都会台北の中心地に、奇しくも50数軒の日本家屋が残っている地域があります。旧「台北昭和町」と呼ばれた地域(現在の青田街・温州街一帯)には、2003年から始まった市民の保存運動の結果、20軒近くが文化財として登録され、歴史の面影をかろうじて留めています。その運動は現在も続いています。台湾に残る日本家屋はだれのものなのか、だれが守るべきものなのか?ぜひご一緒に考えていただきたい…….

​台湾風物詩  秋の句

月餅の屑にいつしか秋の蟻

​上向いて歩かう楓香黄に朱に

ひからびし柳丁一つ土地公祠

葉顕鎧

黄教子

許秀梧

協会 NEWS

サポーター NEWS

2020/9/19(六)

14:00-17:00

走讀青田|昭和町百年家屋解密

2020/10/10(六)

14:00-16:00

​書畫光年

臺北「昭和町」身世故事:百年家屋與人物傳奇

d5008139.jpg

2020/02/08-03/22

ETtoday新聞雲

山脈-我們的母親

李銘盛70個展

2020/08/29-09/27

1595141934693%402x_edited.jpg
  • Facebook Social Icon

©社團法人 台灣故郷文史協会

台湾 〒10648

台北市大安區溫州街24號

Email:taiwan.furusato@gmail.com