台北昭和町

歴史の縁に導かれた町

時空と民族を越え

人、家屋そして土地に続く​大切な記憶

 近年、台湾では20世紀前半の建築物が修復・活用され、日台双方より注目を集めていますが、その大半は官庁や公共建築であり民家は多くありません。明治時代半ばからの50年の間に、台湾には30数万人もの日本人が暮らし、終戦時、数万軒以上の民家を残し引き揚げました。戦後70年を越えた現在、急激な社会変化と開発の流れに伴い、家屋は町から次々と姿を消しています。


 そんな中、大都会台北の中心地に、奇しくも50数軒の日本家屋が残っている地域があります。旧「台北昭和町」と呼ばれた地域(現在の青田街・温州街一帯)には、2003年から始まった市民の保存運動の結果、20軒近くが文化財として登録され、歴史の面影をかろうじて留めています。その運動は現在も続いています。台湾に残る日本家屋はだれのものなのか、だれが守るべきものなのか?ぜひご一緒に考えていただきたい…….

​台湾風物詩  冬の句

​林蘇綿

​投げ売りの訛は故郷夜の市

​頼天河

​落花生剥く祖父の音孫の音

​高阿香

​老いの背を幾畳みして東北風

協会 NEWS

kouyoukinew2.png

サポーター NEWS

紫藤廬  金繕.jpg

講座與工作坊報名連結如下:
https://w285e.noonspace.com/mainssl/modules/MySpace/BlogInfo.php?xmlid=64363

欒樹下蕭文杰DM20211109.jpg

蕭文杰

「見證民主地景」講座

2021/11/12

「欒樹下書房」邀請到蕭文杰老師特別主講,參加即贈2020[見證民主地景]桌曆,歡迎大家踴躍報名。報名連結如下:
https://www.facebook.com/events/1083995812364875