台北昭和町

歴史の縁に導かれた町

時空と民族を越え

人、家屋そして土地に続く​大切な記憶

 近年、台湾では20世紀前半の建築物が修復・活用され、日台双方より注目を集めていますが、その大半は官庁や公共建築であり民家は多くありません。明治時代半ばからの50年の間に、台湾には30数万人もの日本人が暮らし、終戦時、数万軒以上の民家を残し引き揚げました。戦後70年を越えた現在、急激な社会変化と開発の流れに伴い、家屋は町から次々と姿を消しています。


 そんな中、大都会台北の中心地に、奇しくも50数軒の日本家屋が残っている地域があります。旧「台北昭和町」と呼ばれた地域(現在の青田街・温州街一帯)には、2003年から始まった市民の保存運動の結果、20軒近くが文化財として登録され、歴史の面影をかろうじて留めています。その運動は現在も続いています。台湾に残る日本家屋はだれのものなのか、だれが守るべきものなのか?ぜひご一緒に考えていただきたい…….

​台湾風物詩  春の句

​陳彩瓈

​村里に筍煮立つ夕仕度

徐奇​芬

​鳳梨を供え旺来招きけり

葉七五三江

​賞鳥の河岸に一つの車椅子

協会 NEWS

台灣88水災原民受災戶對311荒濱重建的聲援.png

公益財団法人日本台湾交流協会のホームページに弊協会理事長 黄智慧投稿の​【東日本大震災の日台友情エピソード】が掲載されました。

台湾協会報.jpg

台湾協会報第795号

​市制100年の記念イベントに関する記事が掲載されました。

MOMO0550.jpg

台北市市制100周年記念

『台日友好祝賀会』

2020/11/28(六)

13:00-16:00

​書畫光年

554-5545754_-clipart.png

サポーター NEWS