top of page

台湾の俳句

本專欄的日文詩,包括徘句、川柳與和歌,選自於台灣的日文詩團體的會報、出版品或是由在日本灣生本人所做。其中「台北徘句會」成立於1970年,2019年獲得日本外務大臣表彰功績。

​台湾風物詩  

「台灣川柳會30周年紀念句會」より

主題:先生
先生のあだ名を覚えて本名忘れ  高淑慎
青りんごだった僕らも先生も   鈴木かこ
わたくしの母はいつだって先生  渡辺はるえ

​自由吟
百歳にもう直き届く少年志願兵  廖運藩
メールとメール昭和の色があせてゆく  頼とみ子
日台の柳会絆続く永遠  久世高鷲

20240303_121123_edited.jpg

​台湾風物詩  

有難うどうぞ宜しく忘るなよ お蔭様でとご免んなさいね
お正月飲むも食べるも今日随意           
                                                                     齋藤毅(湾生)

shinnenkai_family.png

​台湾風物詩  

「台北徘句會」會報選句

蚊帳の中母と添い寝の遠き日よ  高淑慎


在来線青田の風を載せて行け      李哲宇

FDFC0164-ADAD-400D-99AA-4D9837F94AC1.jpg

​台湾風物詩  夏の句

台北俳句会」&

「春燈台北句会」よ

蚊帳の中母と添い寝の遠き日よ  高淑慎


在来線青田の風を載せて行け      李哲宇

41508662824_b4d948026b_o.jpg

​台湾風物詩  春の句

​​​​台北俳句会の会報より​

世の騒ぎ雲の騒ぎや花吹雪               李錦上


懐かしや故郷の駅の仙丹花             張継昭

pexels-rajeev-mog-chowdhary-1033749.jpg

​台湾風物詩  冬の句

​​​​台北俳句会の会報より​

玉山の稜線硬き初景色                    三宅節子

訪客もマスクを外し初写真            高淑慎

玉山主峰_02.jpg

​台湾風物詩  夏の句

梅雨明けも冴えるうぐいすほうほけきょ

 

蓬莱高砂(93才, 灣生)

亜麻鷺の顔に生への力あり

 

山本健次郎(94才,灣生)

​台湾風物詩  冬の句

​​​​台北俳句会の会報より​

​林蘇綿

​投げ売りの訛は故郷夜の市

​頼天河

​落花生剥く祖父の音孫の音

​高阿香

​老いの背を幾畳みして東北風

kouyoukinew2.png
sakuratree.jpg

​​​​台北俳句会の作品より​

​​​​故郷台湾の春

​葱頭の匂ひの染みてよき夫

阮文雅

​五色鳥鳴けば鳴くほど日の長き

陳錫枢

​媽祖祭孫へ名代の北港飴

葉七五三江

​​​​故郷台湾の春

​​​​台北俳句会の会報より​

​陳彩瓈

​村里に筍煮立つ夕仕度

徐奇​芬

​鳳梨を供え旺来招きけり

葉七五三江

​賞鳥の河岸に一つの車椅子

554-5545754_-clipart.png

​​​​故郷台湾の秋

​​​​台北俳句会の作品より​

許秀梧

月餅の屑にいつしか秋の蟻

黄教子

​上向いて歩かう楓香黄に朱に

葉顕鎧

ひからびし柳丁一つ土地公祠

illust367.png

​​​​故郷台湾の冬

​​​​台北俳句会の作品より​

​頼伯雄

頂くは母の指紋よ冬至団子

​楊慧珠

一陣の風の香立てり米粉干す

葉七五三江

柑仔を土産に君の来てくれし

mikan02.gif
葉1

徳田秋声

生きのびてまた夏草の目にしみる 

高野秀夫選句

bottom of page